足と靴の学校フロイデ「マイスター1年コース」

スポンサーリンク

開催日時

【開催日】2021-04-15 から 2022-03-31 まで

【開催時間】 : から : まで

開催時間に関する特記事項

2021年4月中旬~2022年3月下旬
平日 10時~16時(土日、祝祭日除く)

開催場所

【地図】

日本、東京都豊島区東池袋2−15−5 3階

アクセス

JR山手線 大塚駅

専門家の氏名とプロフィール

メイン講師

マルコス・ライポルト

 ドイツの国家資格オートペディシューマッハー
 ドイツにてオートペディシューマッハー見習い
 オートペディシューマッハーゲゼレ資格取得

参加費用

【金額や支払方法は下記の通りです】

金額

1,980,000円(税込)

申込方法

【メールアドレス : freude@freude.jp

【ウェブサイトURL : https://www.freude.jp/

イベント内容

「人に喜ばれる靴づくりをしませんか。」

マイスター1年コースは、1年間でドイツの整形外科に基づく靴製作技術を学びます
期間:2021年4月中旬~2022年3月

①フロイデで学ぶのは、足にトラブルのある人を笑顔にできる靴づくりです。
日本の女性の80%は、病院にいくほどではないものの、足に悩みがあると言われています。これは、見た目ばかりを重視した靴が多く、本当に履き心地を考えた靴をつくれる人が、まだまだ日本には少ないからです。靴という「作品」をつくることは、誰にでもできます。しかし、一人ひとりの足の状態を踏まえて、履き心地が良く美しい靴をつくるのは簡単なことではありません。
フロイデで学ぶのは、足にトラブルのある人が、きちんと歩けるような靴をつくるための技術です。

②足や靴で困っている人を助けられるのは?         
ドイツのマイスターから本物の足に合わせた靴づくりを学びます。
ドイツには、足や靴のトラブルで困っている人を助けるための世界トップレベルの技術があります。オートペディシューマイスターという国家資格を持った靴職人がいて、お客さま一人ひとりの足に合わせた靴づくりを行なっているのです。靴には、足にかかる負担を少なくし、歩きやすくする機能があります。また、腰痛などを予防したり、緩和する働きもあります。フロイデでは、実際に足や靴で困っている人を助けているドイツのマイスターから学び、マイスター・クラスの技術を身につけることで、人に喜ばれる靴づくりができる人を育成しています。

③1年後、あなたは自信を持って靴の仕事の入口に立つことができます。
フロイデの「マイスター1年コース」で得られる技術やネットワークは、あなたの一生の宝物になります。まず、整形外科の知識に基づいた靴づくりをはじめ、足のメカニズムや靴の理論、フィッティング技術について学びます。
さらに、30年以上にわたって靴・材料・マシンの企画や販売を行なってきたアルカグループのネットワークをもとに、就職のサポートはもちろん、最新情報の提供など就職後のアフターフォローも行います。
フロイデでは、これまでに10代から60代までの幅広い年齢層の方々が学んできました。そして、靴小売店を開業したり、靴小売店やメーカーで働いたり、たくさんの人の快適な歩行を支えています。
詳細はホームページをご覧ください
https://www.freude.jp

FREUDETOKYO さんの投稿一覧 [ 直近 5 件 ]

タイトルとURLをコピーしました