妻・恋人への暴力を止めたい男性のための~DV克服ワークショップ

スポンサーリンク

開催日時

【開催日】2021-05-29 から 2021-05-30 まで

【開催時間】 : から : まで

開催時間に関する特記事項

5/29土曜日[pm7:00~9:00]+5/30日曜日[am10:00~pm5:00] =通い・要予約=
   <DV克服ワークショップは2・5・8・11月、3ケ月ごとに開催されます.>

開催場所

アクセス

都内研修施設→ご参加の方に個別にお知らせします.
JR総武線飯田橋駅1分

専門家の氏名とプロフィール

■草柳 和之《Kazuyuki Kusayanagi》
 メンタルサービスセンター代表・カウンセラー. 長年,DV被害者支援に携わると同時に,今や日本のDV加害者更生プログラムの第一人者でもある.日本で初めてDV加害者更生プログラムの体系的実践に着手,その方法論の整備,専門家向けトレーニングの提供等によりこ,の分野をリードしてきた.TV出演などを含むマスコミ対応,全国にわたる講演活動,執筆活動を通じて,男性がDVや性暴力の問題に取り組む重要性を,社会に向けて提言し続けている.
 現在、大東文化大学非常勤講師.日本カウンセリング学会東京支部会・運営委員.アマチュアながらピアニスト、作詞家の顔も持つ、異色の心理臨床家である.世界的に活躍する作曲家・野村誠氏にDV根絶を願うピアノ曲を作曲依頼し、草柳氏自らピアノを弾いて、音楽によるDV防止キャンペーンを展開している。平和のための音楽会、ライブハウスのランチタイムコンサート、学会のミニコンサート、自治体の協働イベント、DV問題のシンポジウムなど、幅広い機会でピアノ演奏を行い、《DVのない世界》を訴えてきた.
 著書に『ドメスティック・バイオレンス』(岩波書店),『DV加害男性への心理臨床―脱暴力プログラムの新展開)』(新水社),共著『DV~女性からのSOS』(ぎょうせい),『いのちに寄り添う道』(一橋出版),他.文部省(当時)委嘱DV啓発小冊子を共同執筆.講演や研修会の依頼も数多く,その優れた研修指導は多くの人々から支持されている.
資格:日本カウンセリング学会認定・カウンセリング心理士.NLPマスター・プラクティショナー.

■斉藤 章佳《Akiyoshi Saitoh》
 精神保健福祉士・社会福祉士.現在,大船榎本クリニックにて,ソーシャルワーカーとしてアルコール依存症・性依存症を中心に様々なアディクション問題に関わっている.他に,法務省所轄更生保護施設にて,薬物依存のある犯罪者のグループ・プログラムを担当し,保健所の酒害相談員も勤めている.また,アルコール依存・薬物依存などの分野に関する講演や研修会の依頼にも,精力的に応じている.専門学校・首都医校非常勤講師.日本「性とこころ」関連問題学会理事.

■ 石井 忠継《Tadatsugu Ishii》
 現在,心療内科クリニックにてカウンセリングに携わる。また,東日本大震災被災地域,都内のスクールカウンセラーとしても活動している.臨床心理士.公認心理師.

参加費用

【金額や支払方法は下記の通りです】

金額

12100(開催日1週間前以降入金は1,100円増)円(税込)

支払方法

【振込】

料金に関する特記事項

※電話でご予約下さい。留守電の際はメッセージをお入れ下さい。折り返しご連絡致します.また、受講費を事前にお振込みいただき、入金が確認され次第、会場・スケジュールの案内を致します。
【現金振込の方】 みずほ銀行・桜台支店(普) 1438903 名義:メンタルサービスセンター 草柳和之

※納入された受講費は,主催者の都合による不催行の場合を除き,返却しかねますことをご了承下さい.

定員

15名

申込方法

【電話番号 : 03-3993-6147/070・5016・1871】

イベント内容

あらゆる種類の暴力は、パートナーからの愛情を冷やします。DVを伴う男性は、残念ながら自分が知らない間に相手を傷つけるテクニックをもっています。このままでは相手は耐えられません。「今まで自分が相手にどれだけのことをしたか」を正面から理解し、健康なパートナーシップを身につけることこそ進むべき道です。粘り強くあなたの振る舞い・言動の変化に取組みましょう。ご参加をお待ちしています。

〔これまで扱ったテーマ〕・敏感力を高める/・コミュニケーションに伴う破壊的意図/相手の怒りを心から理解する/・責任を問われる恐れの克服/・本当の誠意とは/他

■ご参加を検討されている方へ
・グループで語られた個人的な秘密は、守られます。
・グループ内では実名を使わず、ニックネームを使用します。

スタッフ:草柳 和之 (大東文化大学非常勤講師/メンタルサービスセンター代表・カウンセラー)       

斉藤 章佳 (大船榎本クリニック・精神保健福祉士)

石井 忠継 (臨床心理士)

——————————————–
《DV加害者向け啓発パンフレット》

◆サイト→http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/DV%20Pamphlet%20for%20Batterers%20page.htm

加害者・その知人・親等がこのパンフレットを読むことは、DVの状況を解決していくために、きっとささやかな手助けとなるでしょう。加害男性全体のごく一部の割合ですが、加害者が正面から問題に向き合う姿勢であれば、専門的プログラムを受けることによって更生の可能性は開かれています。しかしその場合でもある程度長期にわたって粘り強く自己変革に取り組む必要があります。
ご関心のある方は、ぜひご連絡下さい。

■メンタルサービスセンター Tel.03-3993-6147
事務局郵送先 〒176-8799 練馬郵便局留
〔パンフレット一部の場合〕
・郵送費140円+パンフレット実費100円
  →計240円分の切手を、事務局までお送り下さい。
〔パンフレット複数部数を請求の場合〕
・パンフレットの部数×100+郵送費

カテゴリー

草柳 和之 さんの投稿一覧 [ 直近 5 件 ]

タイトルとURLをコピーしました