サイト閉鎖のお知らせ

「固有受容器インソール」セミナー

スポンサーリンク

開催日時

【開催日】2022-01-19 から 2022-01-19 まで

【開催時間】13 : 30 から 17 : 30 まで

開催時間に関する特記事項

※別日程で、
2021年12月22日(水)13:30~17:30
2022年1月27日(木)13:30~17:30
がございます。

開催場所

【地図】

日本、東京都豊島区東池袋2−15−5

アクセス

JR山手線 大塚駅徒歩6分

専門家の氏名とプロフィール

青木 淳

・足と靴の学校フロイデ マイスター1年コース専属講師
・ドイツ ハノーバーにあるオートペディシューテクニック(整形外科に基づく靴製作技術)専門学校にて2005年~2019年まで毎年研修を受ける
・日本全国の靴小売店様、義肢装具士、理学療法士、作業療法士などにセミナーを行う
・FHA足と靴と健康協議会講師
・IVO日本整形靴技術協会理事

参加費用

【金額や支払方法は下記の通りです】

金額

55,000円(税込)

支払方法

【その他】

その他の支払方法 : お申し込み頂いた際にご案内いたします

料金に関する特記事項

当日インソールのご注文を頂いた場合は、参加費を22,000円とさせて頂きます

定員

10名

申込方法

【メールアドレス : freude@freude.jp

イベント内容

従来のインソールは、骨格を支えるのに対し、 固有受容器インソールは、腱の固有受容器に 刺激を与え、正しい筋の緊張状態を覚えさせ、 姿勢や歩容を改善させます。
ドイツでは2001年より固有受容器インソールが生まれ、約20年が経った今、多くの理学療法士、義肢装具士、整形靴技術者、スポーツ科学者などの職種の方が取り入れています。
固有受容器インソールは、従来の骨格を支える受動的なインソールとは異なり、能動的な効果を発揮します。
固有受容器インソールの特殊なスポット(センサー)が、足の筋肉や腱の受容器に刺激を与え、それに反応して体が筋肉の緊張を変化させ、意識しなくても体が今までとは違った動きをしなければならないことを学習させます。
さらに継続的な受容器への刺激が、足の筋肉の発達と強化をサポートし、多くは筋肉のアンバランスが原因とされる姿勢や歩容を改善させます。

【理論】
・固有受容器アインラーゲンについて 
・足の基礎解剖学
・足のチェック方法 ・歩行チェック
・固有受容器アインラーゲンのエレメント

【実習】
・固有受容器アインラーゲンの作り方
・固有受容器アインラーゲン調整

FREUDETOKYO さんの投稿一覧 [ 直近 5 件 ]

タイトルとURLをコピーしました